寄付

MENU

リメイクやフリーマーケット

みなさんは、もう着なくなったり、いらなくなってしまった服などをどうしていますか?

 

一昔前までは、誰か知人に譲ったり、
器用な人は自分でリメイクしたりするといったことも聞いたことがありますが、
多くはそのまま捨ててしまうことが一般的だったのではないかと思います。

 

ですが、近年では“リサイクルショップ”や“フリーマーケット”などで売る、
さらには東日本大震災でも記憶に新しい、“寄付をする”という選択肢など、
その処分の仕方はどんどんと広がっているようです。

 

昔は、「着ない服」は着潰していて“もう使えない”という状況のことも多かったかもしれませんが、
最近では洋服が好きだからとか、ついつい買ってしまうなんていう人も多くなり、
まだまだ使えるのにクローゼットに眠っているという物も多くなっているのではないかと思います。
また、子どもの物はすぐに大きくなるため必然的にいらない物として量が増えていきますよね。

 

そんなときには、ただゴミとして処分してしまうのではなく、
有意義にリサイクルできる方法を検討してみましょう。
HOME

 

ブランド品の価格

 

まず、それらが有名ブランドの物なら迷わずリサイクルショップに売ってしまいましょう。
最近ではブックオフなどの身近なリサイクルショップも衣類の買取を行っているようですが、
他にも衣類専門のリサイクルショップやブランド物専門の買取ショップなどもたくさんできているので、
いろんなお店で査定してもらって、一番高く買い取ってくれるところで売ってしまえば、
思わぬ臨時収入になるかもしれません。

 

そして、とくにブランド物ではない服も、一度そういったリサイクルショップに持って行ってみて、
良ければそのまま売ってもいいですし、それほどまとまった買取額にならなかった時には、
いっそ“寄付”をしてみるのもいいと思います。

 

海外の発展途上国に向けてや、災害で物がなくなってしまった人たち、
また国内でも施設で育つ子どもたちなど多くの人がその「いらなくなった服」を必要としています。

 

捨ててしまえばただのゴミになってしまいますが、それが本当に「ただのゴミ」なのか、
捨てる前にもう一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

着なくなった衣類はどうする?

 

着なくなってしまった服や、着ようと思って買ったけれど
結局1度も着ずにクローゼットに眠ってしまっている服というものは、
誰でも1、2着くらい持っているのではないでしょうか。

 

以前はそういった洋服達がどんどんと増えてしまって収納に困っている!
という方も多かったかもしれませんが、最近では古着の買取ショップが多くなり、
その利用方法も「出張買取」や「宅配買取」といった便利な方法が普及してきたため、
利用する方も急増しているようです。

 

ネットですべてのやり取りが完結できる宅配買取では、
手数料や送料を一切かけることなく査定→振り込み、
または査定→返却ができるため、複数の買取ショップに査定をしてもらった後に、
査定額の高かった品物をショップを変えて売っていくという方法を利用している方も多いということです。

 

 

 

要らなくなってしまった服などは、単に捨てるよりも少しでもお金にしたい!と思ってしまうのは、私だけではないですよね?しかも、あわよくば1円でも高く売りたいとも、誰もが考えるのではないかと思います。まず、衣類を買い取ってもらえる所と考えて真っ先に浮かぶのは、家の近くなどにあるリサイクルショップではないでしょうか。