部屋

MENU

大量の古着の査定

部屋の片付けをしていると、押入れに溢れんばかりの服があり、何とかせねばと思っていました。
捨てるのはもったいないので、売ることはできないかと考えていた時にインターネットで検索したところ、近くに買取をしているお店を発見しました。

 

ブランド物だけかと思っていたのですが、良く見ると重量で買取をするのでブランド物でなくても良いとのことでした。
これは売りにいくことができるとウキウキしてると、その話しを当時付き合っていた彼女に気づかれました。

 

いえ、自分でウキウキしているのを話してしまったのが真実です。
私のも売ってきてと言われたので、一緒に服だけ積み込み一人で休みの日に車で持っていくことになりました。

 

後部座席と後ろのトランクにいっぱいの服があるので、いつもよりスピードがでないので中々の重さだなあと思っていました。
朝の早めに行けば空いているだろうと思って、朝早くから出発しました。
HOME

 

埃アレルギーが辛い

 

いざお店に着くとお客さんがだいぶいました。
買取に持ってきてる人もだいぶいて、待たされるかなあと思ってましたが、
少量なお客さんが多くてすぐに順番がきました。

 

大量にあるので、今から持ってきますと受付の方に言い、ひたすらお店と車の往復です。
一通り持って行くと受付番号を渡され、店内でお待ち下さいと言われました。

 

それまではテンポ良く買取の受付番号が呼ばれていたのですが、量が多かったせいか中々呼ばれない時間が続きました。
アレルギー持ちなので、店内にいるとホコリか何かが原因で体がむずむずしてきました。

 

かゆさとの戦いの始まりです。かゆさを我慢しながらひたすら待ちました。
1時間ほど待って呼ばれて助かったーと思いました。

 

そして、受付の方の表情を見るとかなりぐったりされている様子でした。
自分もかゆさと戦い苦労しましたが、店員の方もこの量の査定はさぞかし辛かったんだと思います。

 

申し訳ない気持ちでいっぱいで次からは少しずつにしようと思いました。
部屋もすっきりし、お金をもらうことができたのでその点は満足できました。

 

子育て真っ最中の主婦です。子供が産まれるまでは、自分の洋服選びが好きでよくショップに買い物に行ったりしていました。ですが、子供が産まれてからは、新品の洋服に高い値段を出して着ること、流行りの洋服を好きなように楽しむことが億劫になってしまいました。